2005年05月28日

アフィリエイト用語集

アフィリエイトプログラムプロバイダーの説明を読んでいるとアフィリエイトの専門用語ができします。アフィリエイト用語をアフィリエイト用語集として紹介します。

  • アフィリエイトプログラムプロバイダー(=ASP)
  • アフィリエイトサービスプロバイダとは、広告主と掲載サイトを仲介する広告代理店の事です。大手のアフィリエイトサービスプロバイダでは、JANetリンクシェアトラフィックゲートAccessTrade電脳卸等があります。
  • アフィリエイトサイト
  • 企業と契約して広告を掲載しているホームページのことをいいます。
  • アフィリエイトプログラム
  • 直訳すると「提携する」という意味。広告バナーを貼り付けた掲載サイト(掲載者)に対して掲載サイト経由で広告主が売り上げた金額やクリック数に応じて報酬を支払うシステムの事。
  • 成果報酬型
  • 広告バナー、テキスト広告経由で商品の購入やサービスへの登録等があった際に、100円や200円、企業によっては5000円等の報酬。報酬額はや報酬条件などは広告主によって異なる。
  • クリック報酬型
  • 広告バナー、テキスト広告のワンクリックに付き一定額の報酬が支払われる。ワンクリックでの報酬額等は各企業やASPにより異なる。
  • アソシエイトプログラム
  • アフィリエイトプログラムと同じ意味
  • マーチャント
  • 広告主のことをいいます。ECサイトやECマーチャントなどとも言われています。バナー公告の持ち主のことをいいます。
  • リンクスタッフ
  • 広告主(マーチャント)とアフィリエイトサイトが直接契約をすんだ状態のことをいいます。間にアフィリエイトサービスプロバイダが存在しません。
  • バナー広告
  • 商品の写真などを使用したインターネット広告のことをいいます。
    ↓こんなのです。


  • コスト・パー・クリック(CPC)
  • Web広告における、1クリックにかかるコストをいう。コストパフォーマンスを計る指標の1つ。Web広告においては、クリックベースの料金体系のことをいう。1クリックにつきいくらかの報酬になる。
  • コスト・パー・ミル(CPM)
  • Web広告では、1,000インプレッション(表示回数)当たりの広告コストを指す、コストパフォーマンスを計る指標の1つ。表示報酬、1000回広告が表示される度にいくらかの報酬になる。最近は表示報酬は少ない。
  • クリック・スルー・レート(CTR)
  • インターネット広告の効果を計る指標の1つ。広告がクリックされた回数を、広告が表示された回数で割ったもの。広告の表示回数に対してのクリック数の割合。

posted by asm at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3966416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。