2005年10月27日

デザイナーとコラボでデザインパソコン

デザインパソコン

富士通、デザイナーとコラボでデザインパソコン3台出展 - WPC EXPO 2005

WPC EXPO 2005でパソコンの展示が中心となる富士通のブースで来場者の目を引いているのが、デザイナーとコラボレーションで試作したパソコン3台だ。

参考出品しているのはタッチセンサー式のキーボードを採用し、未来的なデザインが特徴の「サイドテーブルターミナル」、居間のインテリアにマッチするようにデザインされ、オブジェのような外観を目指した「リビングルームサーバー」、CDジャケットサイズのきょう体に折りたたみ式のキーボードを備える「ウルトラモバイル」の3台。
3台とも社外デザイナーとのコラボレーションで作られており、市販化の予定はないものの、「外部のデザイナーと共同開発することで社内のデザイナーを養成することなどを目的としているが、デバイスの配置などのハード面もきちんと考慮している。絵に描いたもちといった設計レベルではなく、その気になればすぐにでも生産に踏み切れる」としている。

リニューアル 富士通直販WEB MART

posted by asm at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。